横浜戸塚を拠点とする少年サッカークラブ「ジュニオールSC」

テーマはドリブル!!

横浜ジュニオールのチームテーマは『ドリブル』

コンセプトとして、『テクニック』&『アイデア』を挙げ、ボールを持てる扱える遊べる試合の中で自由になれる選手を目指してトレーニングをしています。

育成の最終年代といわれる、ユース(高校)年代に送り出すまでに、徹底して『個』の育成を目指しています。

よって、トレーニングの中心は、『自分で判断する事』『ボールを触り続ける事』になります。

なぜドリブルなの??

サッカーは、ボールをキープしている時、フリーランニングの時、つまり試合中いつも『自らの判断によって行動していくスポーツ』です。常に主体性(イニシアチブ)を持ち続けなくてはなりません。

それには『自信』『余裕』が不可欠です。慌てたり、焦ったりしている選手に主体的な判断、プレーは不可能です。

その『自信』と『余裕』を生み出すのが、テクニックだと考えます。

自由にボールを扱い、相手を外せるテクニックとそれに裏付けられた『自信』、それが自ら主体的に考え実行する『余裕』を選手に与えるのです。

ボールで遊べる選手に!

テクニック重視のサッカーを推し進め、高校サッカー界に革命を起してきた、元静岡学園監督の井田勝通氏は言いました。

『手で箸を扱うように、足でボールを扱う、それが理想だ。』

『ご飯を食べるときに“お箸を使いなさい!”などと怒られはしないだろう。』

『普通に、ごく自然に当然のごとく箸を使って食事をする。』

手で扱うような感覚を、足でも同様にできる事が理想と考えます。

マーカーやコーンを使った、いわゆるドリルトレーニングは、ボールに意識が行き過ぎて、顔が下がってしまうから、あまりやりすぎない方がいいのではないか?という事を耳にする事があります。

ジュニオールは逆の発想なんです。前述したように、手で扱うような感覚を身につけることができれば、自然と顔は上がってくる。

自分の技術に対し確固たる自信がつけば、判断力も上がってくる。そんな考えのもと、トレーニングを実践しています。

逆に、戦術論は大人になってからも十分理解できるんです。

日本代表でさえ、監督が代われば戦術も変わり、それに選手達は順応しながら、レベルアップもしていっています。

ならば、それらは後からでも十分なのではないか。

とにかくボールに触れ!!

試合において、どんな状況でも『ボールを持てる!』という強い『自信』と『余裕』を身につける為には、

それを裏付ける為の技術がないといけません。

ゴールデンエイジの初期段階である幼児年代から、中学生年代まで、ボールタッチ・フィーリングのトレーニングを徹底して

行います。人間が成長する発育発達の理論からも、神経系を刺激する事は、早ければ早いほどいいと言われていますし、逆に高校年代を過ぎてしまうと、有効的に身につける事が非常に困難になってきます。

練習中、並んで順番を待っている時間って勿体ないですよね。無駄な時間をなくし、選手達がとにかく休まず、ボールに触れられるようにする事を心掛けています。

『習うより慣れろ』  『人より多くボールを触る事』

この年代では、頭で考える事よりも、より感覚的な部分にクローズアップしていきます。

上の年代に上がるまでに、やらなければならない事が『今』はあるはず、それを忘れずにスタッフが皆、日々研究しています。

アイディアを形にする!

自分で創造し思い描いたイメージを、自分の責任のもとでチャレンジをする。

積極的なミスは全然OK!時に、観戦していると、『パスも使えー!』『早く打てー!』と、もどかしく思う事があるかもしれません。

でも、それも全て選手達の判断だと思っていただければ幸いです。

子供達は、数多くの失敗を繰り返すことで、時に観ている人の想像を超えるプレーを必ず魅せてくれます!

失敗を恐れず、様々なチャレンジをして、成功を導き出して、喜び、楽しんでいる子供達の姿を、観ている人も楽しんでください!!

目先の結果に囚われない!

サッカーは勝敗を決する競技スポーツです。

もちろん勝つ事は大前提!ですが、勝ち方にこだわり、勝利までの『プロセス』を何より大切にしていきます。

ただ、ジュニオールでは、それが『チーム』の為の結果として求めてはいきません。

子供達にとって、『今』やるべき事、必要な事を忘れない事。

ジュニオールでの結果は、彼らがユース年代以降にきっとみせてくれるはずです!!

百聞は一見に如かず!!

どのような選手を育成をしているのか、一度、ジュニオールの子供達のプレーを観に来て下さい!

まずは、論より証拠(笑)という事で!子供達のプレー集をご覧ください!!!動画をクリック!!

Copyright (C) JUNIOR SOCCER CLUB All Rights Reserved.